2007年10月23日

ヌードモデルさん

六本木クロッシング展@森美術館を見てきた。
小林耕平さん、という作家の映像作品があった。

名前に覚えが。
高校生の時、名古屋の美大進学専用予備校へ通っており、
そん時に油画人物モデルのバイトをされてた方ではないか?

彼の絵を描いたことがある。1回だけ。

背景に、世界地図が張られていた。小林さんは、白と緑のボーダーシャツを着ていた。
私は、F15サイズのキャンバスを横にして地図が全部入るようにした。
カドミウムレッドを沢山使った。

モデルさんは大抵が美大の学生。
毎回違う人だから、未だに覚えてる人なんてほとんどいないのだけれど。


今、ほかに唯一思いつくモデルさんは、ヌードモデルの女性で、
休憩時間にお腹空いちゃったーとモリモリバナナを食べてた人。
「今うちの冷蔵庫キャベツしか入ってないの」と、近くの男の子に話していた。

さらに2リットルの“南アルプスの天然水”をバッグから出して飲んでた。
2リットルのボトルに直接口を付けて飲む女性を初めて見たのがこの時。

持ち歩くボトルサイズが豪快だなー。
飲み方も豪快だなー。
バナナ食べ具合も豪快だなー。
ヌードになれるのも豪快だなー。
キャベツは丸ごとカジるのかなー。

しかし微乳すぎる私には、裸を堂々と見せられる人が心から羨ましかった。


体は、女らしく、行動が女を打ち破る。

それをカッコヨシとする文化の人もいれば、
私みたいな保守ッ子には羨望とガッカリと、なのでした。
“強!” より “なよ”希望。


そういえば、ヌードさんは、あたま遅刻してきてた。
理由は、150円しか持ってなくて、バスに乗れなかったから。
一番近所の友達にお金を借りて、なんとか到着。
これも近くの男の子に話してた。

丸顔で、にこやかな表情の方だった。
これがフランス映画の主役だったらスキてするだろう微妙加減な高校生の私。

kari-no-e.jpg
posted by ちゆ at 04:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

ホストくらぶ

ホストクラブ行った!
新宿歌舞伎町の、本格派だ。

ホスト黒いねー色が。
と思ったら、
昨日まで社員旅行、店のホスト全員で沖縄行ってたんだって。
社員旅行なんてあるんだ。ヤな御一行@リゾートでは。

2人で入ったんだけど、10人ものホストが席に来た。
目の形も大きさも顔の輪郭も、あらゆるパーツが紹介の写真と別人な人がちらほら。
だって相当修正してるもん♪って。

そいで、めっちゃ安かった。2時間以上いたけど、1000円。安!
1回目はそんなもんらしい。
知らないルールが色々あって、オモロイ社会勉強ができました。

一緒に行った人に、若いうちはもっと遊ばなきゃダメよって言われました。


kuropeko-shiropeko-flo.jpg
黒いペコと白いペコ
ペコちゃんみたいだね、て言われたけど、舌を出してたのは、
ヨダレがたれそうだったから。

-----
わたくし率イン歯ー、または世界

「わたくし率イン歯ー、または世界」
読んだ。
なんだこりゃ。どぎつい関西弁×節回しみたいな言葉遣い×錯乱した精神×入り組む×シンプル
うまく表現できんのだけど、そういったような色んな要素が掛け算されてるような・・。
狂乱したような気持ちの表現が、妙にリアルに感じられた。
ヘンな小説。

歯つながりで、関係ないけどこの前よんだのが、「「歯」この孤独で、かわいそうな肉体」。
歯に興味関心が無い限りついていきづらい内容だけど、タイトルに惹かれる。
ただこのタイトルは大げさすぎるが。
肉体って言わんでも。孤独とかかわいそうとかも言い過ぎなのでは。
悲劇のヒロインストーリーは愛される法則をねらったのか。
posted by ちゆ at 03:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

アマンド

六本木交差点にある、喫茶店「アマンド」。


しなやかに、まろやかに。
乾いた街の中にピンクの花をひとつ、ふたつ咲かせて、真心と憩いを提供する。
日本で最初に「おしぼり」を出したのもアマンドでした。
【アマンド会社サイトより抜粋】


いつかのクリスマス、普通なら性交にふけるだろう午前1時、
労働しているみんなに、クリスマスケーキを差し入れしたくて立ち寄ったのが アマンドでした。
それが実質のファーストタッチ。

もちろん週に何度かは通りかかる。
待ち合わせする人々、小悪魔agehaやスカウター、ホットペッパー配る女子など
人間交差点ならぬ六本木交差点は、通り抜けづらい混み具合。

「アマンド前で」 とは六本木で待ち合わせる際の常套句ですが、
ついに、前ではなく、
中で、待ち合わせしてしまった。
アマンド、なんかピンク。ケーキを買うならいいけど喫茶はどうも…。
オシャレスポットだった時代もあるらしいが、カフェ世代としては心を開けない。

しかし、面識無い人との待ち合わせだったので、分かりやすいとこで、とのはからいでアマンド指定させてもらった。

2階席で待っていたら、お相手2名がやってきた。
私とは住む世界が違うオーラを醸す2人。生き方もハンバじゃない。

まぁそれはそれとして、尋常ではない2名とお話しながらも、
さらに別の席の客が気になりすぎる。

●白髪1メートルのストレートヘアに、死に化粧。あれは死に化粧でしょ? 服は全身白色、女性50代前半。
●全身蛍光ピンク・金髪・カチューシャ、異様に美人。キャバクラ勤めとも一味違う、ジャンル不明の20代後半。
●シャズナ? の親? みたいな人。年齢不詳。
●マッシュルーム。いろんなとこが。年齢不詳。

ルノアールとは一味違う。
タバコは吸えるが、値段が安いわけではなく。
お茶をするのに、アマンドをチョイスするセンス、育ち具合が私とは違うよね。凡人はスタバで済ましがち。
ヘンな磁場を形成し、不思議ピープルを引きよせる六本木アマンド。
しなやかで、まろやかな お味でございましたよー。

who-zuman-rose.jpg


-----
今日、やっとパプリカみた!おもろかった!
パプリカ [DVD]

あと、ノリが新品のDSくれた。会社からもらってきた。
でも、付けてくれたソフトが「顔トレーニング」。
こちとら田中ゆく子のDVD持ってんだよね。
レイトン教授とかポケモンやりたいな。
posted by ちゆ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

イケメンガイジン(しかもサーファーだってカッコイー)

ベンチに座り、読書しながら地下鉄を待っていたら、隣に座っていたガイジンのニーチャンが話かけてきた。
かなりイケメン。パツキン、ブルーアイズ。格好もオシャレ。いいニオイ。

はじめは、斜め前の新番組PR看板を指し、文字の読み方を尋ねてきたので、「おいしいごはん」って読むんだよ、それといつから始まるか等の情報を教えた。

向こうは「ありがとう、それだけ。」と
サッパリ味な返答だったので、また読書に戻った。

そしたら、 「何読んでるの?」

きた。ガイジン特有の、フレンドリー。

まぁイケメンだから悪い気はしない。
喜んでコミュニケーションとりましょうよ、と思いましたよ。でも、

「何読んでるの?」

まずこの質問に答えねばならない。

むむ。

日本人的に答えづらい。女子的にも答えづらい。

ふつーの短編小説なんだけど、タイトルが

「エロマンガ島の3人」

バカっぽいタイトル。

しかも、エロマンガ島って、オーストラリア近くに実在する島で、別に日本語が分かんなけりゃ問題なく普通なんだけど、
“エロマンガ”を少しでも日本語分かるガイジンがどこまで理解できるのか不明。
そのあたりのオモシロ感覚を、文化の違うガイジンに説明する語彙力と表現力が、私にはない。

仕方がないので、「オーストラリアの近くにある島に旅行に行く内容」
と、間違いではない返答をした。

会話は続き、質問きました、
「geography?」


「YES!」 

ここでウソついた。 YESで。
たったこれだけのコミュニケーションでてんやわんや。

もうこっからは、地理の話で押していく。
本に載ってたイラストとか見せて、「このヘンこのヘン。この島。」

そしたらガイジン、ラリア人。ラリア周辺くわしいの。
「フィジーとかサモアのある辺りだね。なに島?」

「フィ、フィジー!」 またウソを重ねる。2枚重ね。
やっぱ2枚ぐらい重ねとかないと安心できんですよ。

そっからはフィジートーク。
一瞬だけ飛行機の乗り換えでフィジーに降り立ったことがあったもんですから、知ってる限りのフィジーを出しつくしましたここで。
攻撃は最大の防御。
エロマンガ島だってことがバレないよう必死。


この小説の作者、長嶋有さんの
「いろんな気持ちが本当の気持ち」ってエッセイを
装丁がカワイイくてジャケ買いし、オモシロかったので、
せっかくならと小説も読んでみれば この仕打ちですよ。
作者のブログをお気に入りに入れたり、メールマガジン登録してる場合じゃなかった。好きにならなければよかった。


ラリア人が「おいしいごはん」の読みが心許無いぐらいな日本語力なのと、イケメンなのが、
我々のリレーションシップに災いした。とんだ脇汗かいちゃった。

でも私が電車を降りる時の、
「ちゆり、また会いましょう!」
の声色がすてきだったので、まぁいいか。
名前を聞き返すのがマナーだったな…。


いろんな気持ちが本当の気持ちエロマンガ島の三人 長嶋有異色作品集

 
posted by ちゆ at 03:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

メール

最近、てか、私がインターネットに触れたその日から、
ネット界は性格診断してくれるサイトに溢れとる。
そいで、名前とか生年月日とか偶然のもの、外から与えられたもの、
だとスッゴクいい結果ばかりなんだけど、
yes/noで答える形式のやつを正直に、心にマッスグにやると、
大体↓。

引っ込み思案、消極的、
内向的、友達少なく、口下手で、
内気、受身、後ろ向き、
気弱、小心、せっかちで、
大事な局面はのんびりで、
近未来も鳴かず飛ばず、
控えベンチ入り練習のみ。

どんだけ弱くて自信も自身も無いんだよ、て感じですが、
まぁ概ねそういう雰囲気なのは正解。

そんなわたくしめの携帯に、
久しく交流してない好き&尊敬な人から

無題
「お疲れ様(きらきらマーク)」

と一言だけのメール。

私は何を求められているのか。
どう返すのが礼儀か。

相手に気に入られたいと思う気持ちが強すぎて、
何も返信できないでいる午後、既に18時。

やばい、きらわれてしまう。

------
追記

秋ですね、祭りですね、
祭りがんばってください、ワッショイワッショイ

的な、返信したけど、
相手、軽くシカト。

まぁ偶然の産物です。
たまたま返信し忘れた。


哲学的に言ったら、「因果系列に含まれない事象が客観的に生起しなかった」
公理主義的確立論風に言ったら、「Ω からランダムに ω が選ばれなかった」

それだけに過ぎません。


てか、なんか、カシコイぶったりして、
何とか取り繕ってみようとしたけど、
意味わからんね。

そもそも公理主義的って、公理ってナンだ。
公理と定理の違いわからず。
てか定理もわからん。
オイラーの定理だか
テイラーの定理だか
誰の定理だか。

あっ、ピタゴラスの定理はギリ理解できるけど
フェルマーの最終定理とか、最終っってカッコイ…でもわからん。
以上、名前聞いたことある定理いちらん(カタカナ系)でした。


公理と定理の違い、
中学で、幾何担当冨田先生が一所懸命説明してた風景だけ覚えてる。
風景だけ。
先生がジイサンだったとかね。つばがイッパイ溜まってたとかね。

(ちなみに、私マジメなんで、違いについては今調べたんで、賢いキミは教えてくれなくていいです。)


そもそも、届いたメールが私宛じゃなかったんだろう。
そんな偶然の間違い。


-----
今日聴いたCD、ヨカッタやつでーす↓
最近、音楽を聴くようになったのだ。

DECKSTREAM SOUNDTRACKS
DJ DECKSTREAM SOUNDTRACKS

トランジションズ
ARTS THE BEATDOCTOR TRANSITIONS

calm
Nomak calm
posted by ちゆ at 03:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

27歳の地図

カート・コバーン
ブライアン・ジョーンズ
ジミ・ヘンドリックス
ジム・モリソン
バスキア

上の人々の共通点、
27歳で他界。

なんて話を聞きました。
27ってやばいねぇと。

その時思いつかなかったけど、
ジャニス・ジョップリン
夏目雅子
沖田総司
高杉晋作
も。(沖田は22、25など諸説あり)


いつか27歳になりたくない理由(歳をとりたくない理由)を、
これにかこつけたらおしゃれだな、と思いました。
しかし、


「おもしろき こともなき世を おもしろく」(高杉晋作)


なんて詠めないです、27なんて若さで。
こんなに達観してしまってよいのか。


歴史好きでも幕末好きでもないので高杉晋作のこととかよく知らないですけれど、


「三千世界の烏を殺し、ぬしと朝寝がしてみたい」


なんて高杉の都々逸(どどいつ)も、すてき。


後に愛妾となる「うの」という人気遊女に向けて歌った都々逸らしいです。

この世のシガラミとか天罰とかどーでもいいから
あなたを独占して、2人でゆっくり朝寝がしたいよ、ぐらいの意味なんですかね。

ウィキペディア情報によると、
からすは熊野神社の御使いで、誓いを破るとからすが3羽死に、その人に天罰が下るそう。
ちなみに、熊野三山の護符は遊女が浮気をしないという起請文を記すものとされました。

落語で三枚起請ってお話があるんですけど、(タイガー&ドラゴンでもやってたやつ)
これがもとなのかな。

ぬしー!朝寝がしたいよー
てか私、毎日朝から寝てるわー、ぬしは夜寝。


bana-makura1.JPG
会社での昼寝用バナナまくら (ダメ社員必須アイテム)

よだれを垂らしたので、洗うために持って帰ってきた。
洗濯後のゆるくなった姿。

bana-makura2.JPG
角度をつけると、悪いバナナ。


そして、バナナは寝にくいので、白熊まくらに買い換えてしまった。
サイズがでかくなった。
上司にみつからないように、普段は背中にあてている。


今日の昼に見た夢では、3対3でやるサッカーの試合に出てました。
posted by ちゆ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

大統領暗殺

ノリとアンDOと、お台場で「大統領暗殺」見てきた。
今日が日本公開初日だったらしいが、めっちゃ空いてた。
アメリカでは昨年10月公開。ありもんの映像を挿入・加工してるのか、本物のブッシュとかチェイニーが出てくる。
アメリカ〜!!
こういったおもいきったコンセプトの映画、日本の総理でやってもインパクト無いしね、天皇だったらいいか??直接政治に関係ないけど十分政治的な動きは出るかな?


そういう繋がりで、君が代ですよ、君が代。
今日の講義では、君が代の是非 を問いたい。

歌詞は、しょうがないです、意味があるから。
(歌うのが強制だ自由だ等の、政治・思想的な話は置いときます。)

メロディーがね。
音程取りづらくって。
頑張って正しく歌っても、まるで音痴。
低音が異様に低くて、女子と声変わり前の男子にはしんどいでしょ。

日本人に馴染みやすいメロディ〜♪ とは言いがたい。

でも、↓らしい。
【当初フェントンによって作曲がなされたが、あまりに洋風すぎる曲であったため普及せず、後により日本人の音感に馴染みやすい曲に置き換えようということで、明治13年(1880年)に宮内省雅樂課の奥好義のつけた旋律を雅楽奏者の林廣守が曲に起こした】ウィキペディアより

作曲されてあったもんに、日本人に馴染みやすいように置き換えたとは。
雅楽って、そんな高貴なもんJ−POP世代には遠杉DAYONE!
明治庶民にも実際は遠かったんじゃないの?
馴染むことが第一目的なら、ここらで変えてもいいかも。平成版。

どんなメロディーがいいか、20秒ぐらい考えた結果、
最初に思いついたのは、私の大好きな宇多田ヒカル。
「Can You Keep A Secret?」がうまく当てはまるのではないかと。

君が代は (近づきたいよ)
千代に八千代に (君の理想に)
さざれ石の (おとなしくなれない)
巌となりて (Can you keep a secret?)

苔の蒸すまで (Hit it off like this)
苔の蒸すまで, oh baby (Hit it off like this, oh baby)

苔の蒸すまで (Hit it off like this)
苔の蒸すまで, oh baby (Hit it off like this, oh baby)

替え歌だけど、馴染むし いんじゃね。


太陽 [DVD]
posted by ちゆ at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

ぴょんさんA.K.A.耳好きギャングスター氏の発言。

耳を噛みたいけど、かわいそうで噛めない、
耳を舐めたいけど、耳裏のパフュームの味が苦い、
表だけならいいのでは? 唾液で汚れるのがかわいそうでしょ。

結果、僕は眺めるだけしかできないけれど、
その造詣に視覚で触れられるだけでも、沢山の幸せはあるんだよ。


気持ちは、持ちようだ。

   rabiiiii.jpg

飼いうさぎは、“ミミチャン”が6割。    (ガセ)



盗聴と盗み聞きのはざまで、聞きつけた唯一の有益な情報
あにまる風俗園ってサイトがおもしろい。」

私は4コマまんがが大好きなので、おもしろかった。


-----
職場にいた、私の好きな子が、昨日辞めてしまった。
体の調子が悪くなってしまい。

今日、やっぱり少し静かでさみしい。
かわいくて、気が利いて、がんばりやさんで、
そんなに仲良くしてたわけじゃないけれど、
好きでした。
また近いうちに会いたい。
posted by ちゆ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

半そで

半そでだったんです、
今日まだ9月30日だったですよ。
衣替えは10月1日って決まってるでしょう。
しかも家の中まだ暑かった。

なのに、
恵比寿でも、新宿でも、私以外全員長袖。

締め付けられるような疎外感の中、
やっとやっと見つけ出した半そで派は、
20キロはありそうな登山リュックを背負った男子と、黒人。

年間半そで 330日以上って文化圏の2人のみ。

フー、明日から絶対長袖着よ。
(今日、ブーツは履いてたんだ。)


そういえば、中・高校生の頃って制服で、セーターもコートも決まり物でした。
だからみんな、唯一自由なマフラーをいつからしてもいいのか気にしてました。11月ってマフラーするほど寒くないんだけど、してもいいのかどうなのか、、世の中的にどうなんだ??って。

------
ヒップホップって、ずいぶん前、スチャダラパー周辺とBEASTIE BOYSぐらいしか聴いたことなかったんですけど、

何かとよくしてくださって、好きな人が、
可能性がイッパイあるのはココですよ的なことを言ってた。
そいで色々聴かせてくれて、
降神とnujabesの2つはかなり好きになってしまった。

samurai champloo music record impression
この前聴いてよかったアニメのサントラ。nujabesがやってるやつが。

ウェルカム・トゥ・ライフ
今日聴いてよかったやつ。

細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono-
細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono
オムニバス □□□(クチロロ) ワールドスタンダード+小池光子 細野晴臣 ヴァン・ダイク・パークス 坂本龍一+嶺川貴子 コシミハル リトル・クリーチャーズ 高野寛+原田郁子


ヒップホップとは関係ないんだけど、最近「はっぴいえんど」と「はちみつぱい」をよく聴いてたので。
すきです。


あと、ヘアスタイリスティックスのAM 5:00というCDが数ヶ月前に出てたのを、今日見つけて、今はどんな感じなのか気になったのでちょいと聴いてみた。フーン。てかんじ。暴力温泉芸者の時と別にかわらず。ヘンすぎるサンプリング無かった。
posted by ちゆ at 02:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。