2007年12月24日

トーテンコップ

“トーテンコップ”

コップ集めが趣味のわたしとしては、“トーテンコップ”って、
語感がカワイイナ、どんなコップかしら、北欧雑貨?
ぐらい思ったのだけれど、

ドイツ語で髑髏(ドクロ)て意味で、交差した2本の骨の上に頭蓋骨(下顎無し)の伝統的な紋章らしい。

トーテンコップは、
起源はプロイセン王国(1701-1918)軍の騎兵の微章として、
フリードリヒ2世によって採用されてたそう。
もっと前、ロシアでタタール人制圧ための正教会の武装キリスト教集団が使用していたとも。

ナチス・ドイツ時代の親衛隊の帽章だったり、スウェーデン王国の騎兵連隊とか、
ロシア帝国のコルニーロフ連隊とかでも使われてたとのこと。
ドクロて昔からメジャーなモチーフだったのね。ナチスてのは合点がいくけど。

他のドクロマークとして、
頭蓋骨の下部に交差した2本の骨が描かれたのが海賊旗のJolly Roger
パンクバンドのCDジャケットのみならず、今じゃよくあるマークの一個です。
1829年にニューヨーク州で、有害物質容器のすべてにこの標識を取り付けるように義務付けられたらしい。
そっからキケンイメージ(=カッコ良し!)となったのですかね。


ドクロのモチーフ、かわいい!
っていう言い方は違うかもしれないけど、まぁかわいいです。
似合わんので1個もドクログッズ持ってないけど。

とにかく、2007のファッションに
迷彩柄やボーダーや十字架やハートが無くてなならないものであるように、
ドクロもまた必要不可欠のようです。

最近も、ノリが、クリスマスにペラフィネのスカルニットをくれ、というずうずうしい発注をしてきたので断りましたが・・。


そろそろ、ドクロ柄のキティーちゃんが登場しますし、
ドクロ柄のウエディングドレスとか、
ドクロ柄のコンドームとか、
ドクロ型のさし歯とか、
ドクロ型の和菓子とか…〈1個前の日記につながる〉

も登場します、きっと。

約3年前記事、ヒョウ柄について参照。おんなじ内容。)

skull-dayo.jpg
暇だったので、シャープペンで頭蓋骨を描きました。
ヘタだけどかわいらしい笑顔にできました。
posted by ちゆ at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

とりあえずのキスで間を持たせて君は。

kikikirarara.jpg


切れ味のいい刃物で切られると、全然痛みを感じないね、

血がたくさん出ていたことに、気付いたのは遅かった。



---
posted by ちゆ at 07:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

塩野

shiono-1.jpg
赤坂にある“塩野”さんのお菓子です。

写真は水仙と柚子饅頭です。
この他にも、金糸雀色、支子色、薄紅、浅緑…
色とりどりで美しく、
美味しいお菓子が何種類も揃っています。

あまりにも綺麗。
目でも舌でも、
この味わいがわかる日本人で良かった。



そいで、

クリスマスものがあった!


shiono-2.jpg

遊び心があるのも、考えものです。

向こうの、歩み寄ろう歩み寄ろうってサービス精神に、
逆に裏切られたっていうか、、

いわば過呼吸っていうか(息しすぎて苦しい)、、

まぁなんていうか、和菓子界も脱亜入欧?
ニッポンも先進国気取りですか。


商品名は「聖夜」かなんか。
一応漢字な感じですが。


でも、食べたらベリー・ベリー・テイスティー!
だったです!



クリスマスカード、家族とうりに送った。
posted by ちゆ at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

kasa-ibusukii.jpg


容量はたったの700件。
またケータイのメモリが足りなくなり、忘れかけの知人を消すはめに。
こうして完全に、人を1人忘れてしまう。

せっかく番号交換した瞬間があって、
その刹那を、偶然を、自然を、小さな幸せを大切にしてこうよ的な、、
ロハスっぽさ、ソトコトっぽさ、コヨーテみたいな、暮らしの手帳みたいな、
すてきとは程遠い暮らし、さみしい。

お食事が運ばれてくれば、
メニューの写真と程遠い しなび方・少量・具の寄り方で、
お飲み物は飲み放題。


そんなサエないチーチャンも、一方的に慕っている方がおりまして、
仲良くはないのですが、お世話にはなっており、
もうすぐお誕生日ということなので、
何かを差し上げたいと思っとるのです。

しかし、
プレゼントって苦手。相手に負担を掛けたくないと思うあまり苦手。
要らないものが相手の手元に残り、負担にならないか心配。
お返しなんて全然要らないのに、その気を遣わせるのもイヤ…。

オシャレさんなので、ファッションの領域に踏み込むのも躊躇われる。
そして何歳も年上。

で、
傘のプレゼントはどうかと思いついたのです。

傘ってすぐに無くしてしまうからイイナ!と。
長く手元に残らない。
ケーキとかワインとか花とか下着とか電気代とか舞台のチケットとか、
そういう消え物感覚が素軽くてイイナ!と。


でも、無くした時点で私にゴメンという気持ちを持たれるのも悪いし…。

そう思うと何も決まらず、一日が、また、終わってしまいます。
気の利いた贈り物を思いつきたい!
posted by ちゆ at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。