2009年05月26日

歯医者のクスリ


歯に穴をあけて、銀の棒で脱脂綿にしみこませて、
先生がぬりぬりするクスリ、

何味なのか、例えたい、毎回そう思って、
何に近いのか考えながら
不愉快をやりすごす。

名古屋の親戚の歯医者とも、名古屋の河合歯科とも
辻堂の駅前歯科ともおんなじ味。
メロンか、メロンだと思える日が多かった。
最近はオレンジピールな気がしてきた。

口に入れる液体は、たいてい果物味だと思い込んでるけど
ベルガモットとかカルダモンとかオレガノとかマジョラムとか
パッと想像しにくい味を目指してる可能性もあるか。
ガイコクジンが作っているとしたらなおさらだ。

そもそも、あのまずいクスリは、何か香りをつけてるのか?
でもやっぱ、苦味を緩和して患者の気をまぎらわすために、
何かの味を目指してるんでしょう。


最近また歯医者へ通いだしたのです。


相変わらずの要望は、
“もっと唾液を吸ってほしい”ということ。

唾液の分泌量が普段から尋常でないワタシにとって
痛みより 麻酔の針の怖さより
キーンて切削音より 液体の苦みより
唾液を吸ってもらえないもどかしさが最もツライのです。

鍋をしたって、灰汁はどんどんすくっちゃうタイプの人間からすると
あの唾液の放置ぶりはガマンならん!

そして息ができない。苦しい。
「唾液を吸ってください」なんて一言が、
未だ恥ずかしくて言えないでいる。
一体何歳になったら言えるようになるのか。

-----
バーンアフターリーディング観た!
おもろかった!

-----

ALT 「庭と景色」
CDが2枚とDVD付きですって〜お得仕様!
映像はマイスペースでもけっこう見れたけど。

庭と景色
posted by ちゆ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

マトリョーシカ

マトリョーシカ っす!!!

mato-all5.JPG

特大:綾瀬はるか!
 大:お見舞い!
 中:ビーチにて!
 小:妊娠!
極小:すいか!(手抜きかしら)


せめて元気ぽく紹介しました。


何年も前からある白木のマトリョーシカ。
掃除してたら見つけたので、
思いきって絵を描いてみた。

人形は顔が命だーね、とつぶやきながら描いてて、
自分では結構かわいいじゃない、と思ってたけど…。

「めちゃきもい」って言われた、リノに。

きもい、ってのは、
マトリョーシカ自体のがきもいのと、
落語のCD聞きながらマトリョーシカ作りにはげむ
妙齢独女の君自身、という二重の意味らしい。


ひとつうれしかったのは、写真を撮ったら↓
デジカメが顔認識をした(四角が表示された)!わい。

mato1.JPG
おっぱいバレ〜♪

---

で、銀座の博品館(でかいオモチャ屋)なんですけど
オモチャの自動販売機がありました。
真夜中でもバービーのアイスクリームショップとかラジコンとかがすぐに買えるんです。
大好評!とのことで、昨日今日できたわけではなく何年も前からあるっぽい。

これを一目みただけで、
この街の辛さ、侘しさ、悲喜こもごも…
でも、生きてくしかないんだよ!
ってな幾つもの物語が紡がれてるようで、胸がイッパイになりました。

パパ、ママ、がんばって…。
posted by ちゆ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲み物

chromeheartswater3.JPG

昨日、青山のクロムハーツを見に行ったら
店に入って10秒ぐらいで突然
店員さんから「お水どうぞ!」って
ペットボトルを渡された。

その直前に入った服屋でも、
美味しいオレンジジュースを飲ませてくれたばかりだったので
たぷたぷで要らなかったけど、なんとなく受け取ってしまった。

今日、会社へ行くときも
新発売のブラックティーのボトルを配っていて、
受け取ってしまった。


なぜだか飲み物をやたらともらう。
やっぱ、渇いてみえるのか。


ちなみに、
その前日に、銀座の博品館(でかいオモチャ屋)で
東京みやげとして売られている
東京タワー型ペットボトルに入った水を見かけたのですが、
採水地が兵庫県三田市川除というツッコミ待ち状態な商品(しかも高額315円)でした。
そしたらこのクロムハーツの水も
採水地は兵庫県三田市川除!

なんとこれらは兄弟だったのです。

-----
bonobos
「オリハルコン日和 」
オリハルコン日和


凛として時雨
「just A moment 」
just A moment


LEO今井
「Laser Rain」
Laser Rain

LEOさんは東京都杉並区出身だけど、
ロンドン大学・オックスフォード大学大学院卒と
高学歴萌えな女子にはたまらん上に、
日本語・英語・スウェーデン語・フランス語が話せるスーパーボーイというオプション有り。無くてもいいけど。


Tokyo Lights 2



TAXI



Metro
(向井秀徳・吉田一郎プロデュースらしい)
posted by ちゆ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

チン

電子レンジが無い。

現在貸し出し中。

ぜんぜんチンできない。

チンする必要がないように生活する日々。
温めないと食べられないものは食べない。
残り物は作らない。

ああ、自由にチンしたいよ。


レンジであっためるの、チンて言うけど
これは温め終わったら“チン”て鳴るからチンすると言うんだよね。

でもうちのレンジは、“♪ドレミソレシド〜”って鳴ります、ハ長調で言うと。
絶対音感がイマイチ無いので“ソラシレラファ#ソ〜”とかかも。

最近のレンジはほとんどそうなんじゃないかしら。
チンじゃなくて、メロディー。
昨今、家電の合図は、どんどんメロディーになってきてる。
炊飯器、ポット、洗濯機、冷蔵庫、お風呂…
家電話の着信音もバッハのメロディーを奏でる。


すべてのレンジがメロディーに変わってしまった未来にも
いつまでも「チンする」使ってたら
「ママだっさ〜い!、意味ワカンナーイ!」とか言われるんかな…。

未来死語「チンする」、
しかし小学生男子だったら積極的に使ってくれるのか?
やつらの大好きワードに近いし。



そういえば、昨日のオノマトペ つながりで
名古屋弁で【熱い】の表現は“チンチン”と言います。
多分名古屋人は誰でも分かると思います。

「日差しのせいで、車のハンドルがチンチンだ!」
「スープをチンしたら、お皿までチンチン!」

とか使います。
聞き慣れてるのか、自分の感覚にはフィットする擬音です。

ちなみに、レンジのチンとは関係ないと思います。
posted by ちゆ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

ハリハリ!

ハリハリ!ハリハリ!

ハリハリ鍋 ってのが居酒屋なんかに行くとあったりする。

食べたことないけど、必ず水菜が入ってる。

他にも、じゃこと水菜のはりはりサラダ とか時々見る。


“ハリハリ”ってのは、水菜の食感を表す擬音?
水菜専用?

最近じゃ、オノマトペ って言うのかな。
オノマトペって、日本語には異常に多いらしく
外国人は覚えるのに苦労するらしい。
その単語の音感がフィットしないやつも結構あるでしょうし。
無音をあらわす“シーン”てのとか
外国人も心から理解できるのか?


まぁともかく、水菜です。
水菜 なんて野菜、けっこう大きくなるまで知らなかった。
中学生か高校生の時初めて、ママが豚肉と水菜を茹でてポン酢で食べる料理を作った。

今じゃしょっちゅう食べる水菜…。
ハリハリってのが水菜の食感を表すという感覚、ワカランでもないけど、あんまりスッと入ってこない。
ハリハリ って、
なんだか京都の人の言葉みたいな気がするんですもん。
方言擬音なんじゃないのか?
野菜はシャキシャキとかパリパリです普通。


それに、水菜が蔓延し過ぎている世の中も何だか好かん。
安いのかな?
買ったことないので相場分からず。

うちから歩いて30秒ぐらいのところにあるヘブンというおしゃれ喫茶のパスタは
なんやかんやすぐ水菜が入ってくる。彩りとして乗っかってたり。
いつも水菜要らんな、と思う。
口内でじゃこじゃこする。
針針。
そこまではいかないか…。


ヘブンの悪口言ってるみたいだけど
朝4時までやってるし、春菊のリゾットというのはおいしいですし、
もつとヒヨコ豆のトマト煮もよく食べますし
他にも美味しいものがある素敵な店です。
ワタシとお茶してくれる方は今度是非一緒に、ついでに我が家に遊びに来てください。
飲み物は水しかないんですけど、今ならキャメルが1缶あります。
もうすぐ冷凍マンゴが届きます。だから。


---
最近全然料理しないのですが、春なので うど だゼ!
と思い、酢味噌和えときんぴらを作ってみた。

リノタソも食べるかもと思い、他にもなめことミョウガの味噌汁とか作ったけど
結局一人で食べるハメに。あーあ。

---
文学フリマ というものに行ってみた。
特に目当てとか無かったんですけど、どんな世界か見に行った。
小さい本をそれぞれが自主制作していて、200円とかで売っていた。タダでくれるやつはもらった。
やっぱり一人で。

posted by ちゆ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

みりん

みりん。

みりん って何すか。

そういえば、Perfumeのあーちゃんも
“みりんてなんだっけ?”てテレビで言ってました。


まぁ、なんとなくは知ってます。

学生の頃は毎日手料理、
家庭料理なら作れないものは無いと思いこんでるワタクシですから、
みりんを何本使い切ったかわかりません。

でも、それはママが使ってたし、料理本に載ってたし、スーパーに並んでるし、それだから使ったんであって、

あの液体はいったい、具体的に何なのか、
立ち止まって考えたことなんて無いし!!
外人さんに説明できん。

なぜ、和食で頻繁に使ってるのだ???

いわゆる、さしすせそ
砂糖・塩・酢・醤油・味噌 は
食材に直接つけたりかけたりして食べることができます。

でも、みりんは違う。

和食調味料の代表格なのに、
お刺身や、生野菜に直接付けて食べるなんてことありえないです。
加熱しない限り口にできません。
醤油や塩みたく、食卓の片隅にみりんを常備、なんて光景は存在しないのです。
料理をしない人は、この液体を遠くに感じてるはず。


【ウィキペディア見ると…】
40%〜50% の糖分と、約14% 程度のアルコール分を含有。
戦国時代とか元来は飲用、江戸中後期に調味料として徐々に使われる。
一般家庭でも使われ出したのは戦後。
酒税法により酒税がかけられ、製造・販売免許が必要。


酒と砂糖を混ぜれば済むんじゃないのか??

でも、魚の生臭さを抑えたり、かば焼きのツヤを出したり、
煮崩れを防いだり、独特の香りがついたり、いいことは色々あるみたいです。

しかし難易度が高いっす。
販売に免許も必要です。


さらに、漢字で書くと“味醂”
“醂”って字、難しい。
味醂て単語でしか見たことない。
訓読みは、さわ-す・あわ-す らしい。


【醂す(さわす)】

@渋柿の渋みを抜く。

A水に浸してさらす。

B黒漆をつやの出ないように薄く塗る。 (大辞泉より)


つやの無い黒漆。
格好いい。渋すぎる。
本物の大人にのみ許される、って感じする。
渋柿の渋みを抜く動作に、こんなサ行五段活用の動詞が存在したなんて!


やはり、みりん、近くにありて遠きかな。
歳を重ねていくことで、さらに理解は深まるのだと思います。

mirin-tegaki1.jpg
待ち時間になんとなくみりんの絵を描いてしまったので、今日のテーマはみりんでした。
posted by ちゆ at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

友愛の傘

名古屋へ帰った!

名古屋の地下鉄駅に、“友愛の傘”ってシステム、
中・高生の頃はよく見かけましたが、
未だに残っているのを発見。

改札に傘がイッパイ置いてあり、急な降雨の際には
誰でも使っていいのです。
で、後日駅へ持ってきて、友愛の傘立てへ戻しておくのです。

ビニール傘なんて、借りぱくする奴が多いのに。
ちゃんと元に戻す人口が多くないとこのシステムは続かないでしょう。
そんな名古屋人の生真面目さは、うれしく感じます。

もともとの傘は企業が寄付したり、忘れ物をリサイクルしているようです。


---
新幹線で「少年アシベ」を読み返した。
文庫サイズを改めて購入。

一番好きなマンガは、
「少年アシベ」なんだ
って、
胸を張って言えるよ!

少年アシベ (1) (集英社文庫―コミック版)
posted by ちゆ at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝るときの手

寝るときの手

をどのように扱ったらベストなのか、いまだによくわかりません。


寝始めは、まず下向きから始めます。
いわゆる、伏臥、というスタイル。
おっぱいが圧迫してくるという現象を回避可能とした
幸福な体型を授かったワタクシは、
枕の下に手を敷いて、枕越しに頭部の重みを楽しみます。
いいかんじ。
しかしそのまま同じ体勢を継続すると、手がしびれてしまいます。

次に、横向きになります。
本当は横向きで朝まで眠りたいという気持ちが強いのですが、
この時、
手 がひじょうに邪魔です。悩みます。

しかし横向きもなんとか楽しみたいので、
片方は枕下に、片方体の背面へ回す、
片方は体の前面に、片方は体の背面へ回す
など色々なパターンを試すのですが、やっぱり手がしびれてきます。

そして、最後、
上向きで寝る場合、仰臥、です。
寝始めはお腹あたりに乗せとくのが好きで、
さぁ入眠だ、という段になってようやく胴横へ移動させます。
疲れている時はスッと寝れるのでいいのですが、
大して眠くない日は、胴横の両手の微妙な配置が気になって、
何の圧力もかかっていないのにジンジンしてくる気が…。

さらに、イラスト等で見る仰臥の寝姿は、
布団をあご下までかぶり、布端を両手でしっかり握り、
朝まで肩まで覆い続けてやるぞ、という意思が感じられ、
これをマネしてみたりもするのですが、
やはり手が疲れます。


あと、彼氏やパパ(コドモの頃の話)などと、
2人で寝る時には腕枕をしてくれたりすると思うのですが、
この場合、自分の手の配置のほかに
相手の手についても気を回さないといけないので、
非常にややこしいのです。

困ったものです。

---

ESCORT

group_inou 「ESCORT」新しいミニアルバム!


それはそうと、2日放送されたVERSUS、
サカナクションと相対性理論が見たくて録画しといたら
相対性理論やっぱ出ないのね…。ガッカリ。
しかしそう思うとライブは価値があったのだ、遠かったけど行ってよかった。
ハイファイ新書
「ハイファイ新書」

NIGHT FISHING
サカナクションは「シンシロ」よりこちら、「NIGHT FISHING」の方が好きです。
posted by ちゆ at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

贈り物

cup-kiyo-green.JPG

いもうとが、前にくれた緑のカップ。
ワタシが緑のコップやカップが好きなのを知っていて、
くれたのです。
外国の古いものなどを扱うかわいい雑貨屋さんで買ってくれました。


そのお返しと、最近引っ越ししたお祝いもかねて、
↓の金属の棒を贈りました。

妹は家でワイン飲むとか言っていたので、多少は味も分かるだろうと思い。


クレ ・ デュ ・ ヴァン エレガンス サービスタイプ 2516
Clef du Vin (クレ・デュ・ヴァン)
売り上げランキング: 13815



「クレ ・ デュ ・ ヴァン」という商品。
有名なソムリエと開発した道具で、
100ccのワインに1秒触れることで、ワインの味と香りが変化、
その変化はカーヴでワインを2年間寝かせることに価する…らしい。

好みの味にするのに何秒浸したのか数えれば
セラーに何本も同じ高級ワインを蓄える愛好家が
何年寝かせるのが自分にとってベストかを知ることができるし、

ちょっとした愛好家なら、まだ若くて安いワインを、
何年も寝かせたのと同様の味にすることができる!とのこと。


感想を聞いたところ、
「スゴイっ!」

って。
本当に味が変わるらしい。
やりすぎるとまずくなるから注意も必要だって。


ま、ワタシは「神の雫」1〜20巻を読んだこと以外、
ワインとのかかわりは全く無いし、飲んだこともほぼないので
ちーとも分かりませんが。


小さい棒にしてはお値段がちょっと張りますので、
自分で買うのではなくプレゼントで貰う・贈るのがいいと思います。
posted by ちゆ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

葉っぱの手紙

「円都家族」志人

円都家族 EP (限定生産8cmCDシングル)

失われてゆくメディアに焦点を当てた企画、
らしい。

第1弾 アナログレコードよ永遠に
第2弾 8cmCDよ永遠に

第1弾アナログレコードは薦められて買いました。
絵の描かれたあつ紙にソノシートが張り付いていて、そのままプレーヤーにかけます。久しぶりにレコードを聞きました。

そいで、
ビニール袋に入った葉っぱが、
レコードと共に封入されていて、謎すぎました。

関係性が分からなかったのですが、ワタシが一番慕っている色んなことに詳しいせんぱいに尋ねたら、
タラヨウ(?)とかいう葉っぱで、葉書の原型らしく、
硬いもので傷つけると痕が残り、字が書けるとのこと。

“メディア”ってのは“媒体”って意味なんでしょうから、
葉っぱの葉書も失われたメディアってことなんですね。

昔行ったことのある寺か神社の
枇杷風の木が蓄える葉っぱにも、
びっしり、願い事が刻まれていました。
生きてる木の葉っぱが文字で傷つけられている風景はちょっと可哀想に思ったけど。


結局ワタシのタラヨウは、書かないうちに、しおれて一部が黒くなっていました。まだ緑の部分にフォークで書いてみたけど…。
もっと早く分かっていたら、パパに手紙として出したかったです。
郵便って、切手を貼って住所を書けば何でも届くらしいので。
ミカンとかでも。

leafletter.JPG


第2弾 8cmCDは買う予定無かったけれど、
大好きなせんぱいがくださったのです。
好きな人が物をくれると、とてもうれしいです。
posted by ちゆ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

齋藤芽生さん

新国立美術館で開催されているルーブル美術館展行って、さらに

2階で開催されている
「アーティスト・ファイル2009 -現代の作家たち」展
ていうのを観ました。

国立新美術館のキュレーターさんが注目する作家さん9名の展覧会。

齋藤芽生って作家さんの作品が、好きではないんですが、
凄かったです。あれだけの数の作品がそろうとド迫力!

開店記念で送られるような花輪や仏壇。
そこで繰り広げられる舞台というか世界にがつーんとやられる。

絢爛豪華で美しくあるはずの花輪や仏壇、草花がベースで、
すごく繊細な描き込みと鮮やかな色使いなのに、
苦痛、疲労、醜悪、尾籠、汚濁、冒涜、辱め、汚損、混濁…
そんな単語がどんどん思いついてしまったり、
にごってゴチャゴチャになった心や家庭や街や世界に引き込まれるようなおかしな気持ちになりました。


齋藤芽生さんの絵が装丁に使われています。
「小川洋子の偏愛短篇箱」 
小川洋子の偏愛短篇箱
 
posted by ちゆ at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。