2010年12月31日

干菓子きれい

higashi12.jpg

綺麗な干菓子を食べながら、ゆるく仕事しながら紅白鑑賞。
ママがソバゆで中。
年越しに家にいられるのはラクチンだな。

今年のゆく年来る年・知恩院の鐘の音はずいぶん低いし、
1発鳴らすまでに、ずいぶん焦らしてくる。

posted by ちゆ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

柳橋中央市場


貝の、人間に対する愛に感謝〜

貝おいしい!まず身がやたらおいしい。
そして身を差し出してくれた上、食べやすいよう貝殻のお皿も付けてくれてる。
貝殻はダシを逃さず焼くことができ、調理器具としての機能も付加。

牡蠣とかムール貝はやる気出せてないけど、ホタテ貝は造形美もバツグン。
人魚姫のブラジャーにもなるし。
衣食で使える2ウェイ具合に関心。
わたしもホタテ貝みたいに人の役にたちたいなあ。


朝、早起きして名古屋の柳橋中央市場へ年末&お正月用の買い物に行った。
おせち料理用の卵焼きとか、お魚とか。
人がギュウギュウにいて、楽しかった〜。

maguroyayanagi.jpg
マグロを買おうとする妹(ノーメーク)

ankoyanagi.jpg
アンコウ こんなの家でさばけるようになりたい!

mizutakoyanagi.jpg
液体みたい、重力にあらがわないダラけたタコ

kurumaebiyanagi.jpg 
このエビ買った プレミアムロールケーキ1個と同じ値段

wasabikiyotan.jpg
ワサビを買う妹

wasabimono.jpg
ワサビって高いんだ・・・
posted by ちゆ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

緑の物

greendesk1.jpg

会社のデスクに設置してるテレビの前あたりに
グリーンの小道具をあつめてるところ。

緑を見ると目が悪くならないっておばあちゃんが言ってたけど
あれは森とかのことだわね、
手元の緑色見たとこで、いやされないのはわかってるけど。



あんまり横向きに寝ないで、椅子に座ってばかりで数日間すごしてたら
せいりが早く終わった気が。
ペットボトルの口を下向きにするか横向きにするかで、こぼれる量は変わるけど
そういうのとは違うかな。重力とかも関係無いですよね。
posted by ちゆ at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

赤い靴

ステキな赤い靴をおばあさんに買ってもらったカーレン。

「この赤い靴をはいて教会へ行きたいわ」
そんな彼女をおばあさんがたしなめます。
「教会では黒い靴をはくものです。」

しかしおばあさんが病気で寝込むようになると、彼女は赤い靴で教会へ行くようになりました。
 
教会ではみんなが彼女の靴を見ました。彼女はそれをとても嬉しく思いました。
「みんなアタシの靴を見てる!」

人々は、赤い靴のカーレンを軽蔑していたのです。


ある日カーレンは、ダンスパーティーに招かれました。
おばあさんが死の床についているというのに、看病もしないで、カーレンはその靴を履いてパーティーへ出かけようと歩き出しました。
するとその途端、足がひとりでに動き出してダンスを始めたのです。

「とまらないわ!」

そしてそれから、カーレンは昼も夜も、晴れた日も雨の日も、森や野原を踊り続けました。

何日過ぎたでしょうか。

疲弊しながら踊り続け、自分の家のそばへたどりついた時、
カーレンは、お婆さんのお葬式に出会いました。

「ああお婆さん、ごめんなさい。神さま、どうかこの愚かな私をお許し下さい・・・」

そしてカーレンは首斬り役人に依頼して両足首を切断してもらいました。

すると切り離された両足と赤い靴はカーレンを置いて、
踊りながら遠くへ去っていきました。



オシャレは悪だゼ!
ってわけじゃないけどさ、
自己顕示欲も多少はあった方がいいとおもうが
めんどくさいね。
最近ヘンな人によく会ったので。


今日、靴の棚を見たら、赤い靴が5足もあった。こんなにいらんな。

ふだんは3足、黒のリボン靴2足・茶のブーツをローテーションしてるだけ。


-----
昨日はウリとそのかれしに会った。
やっと会えてよかった。
しゃべりすぎて印象がわるかったかも。

-----
white-kinoko1.JPG

白いキノコに挑戦。
よくスーパーで見るけど、食べたことなかった。
ホクト、のキノコ。
posted by ちゆ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

日展

招待状もらってたので、国立新美術館の日展行った。
ニッポンの権威ある画壇シャワーを浴びまくるぜーて感じで。

量が多すぎてクラクラしてくる、
世の中には芸術家って多いんだな。

黒いリボンがつけられているネームプレートが多いのは日展ぽい。
だいぶご高齢の方もいらっしゃるのだ。
デヴィ婦人の肖像画があったり(シワとか一切なし、バラしょってる)
ジュディ・オングの版画があるあたりなどの
日展らしさのもう一つの楽しみもマンキツ。

日本画のところはとくに、本当に素敵な作品も多かった。
岩絵の具の重なる感じは、きもちよい。細い細い線がのびるのもきもちよい。
なんだかワタシも岩絵の具で絵を描いてみたいとおもった。



hamaguripepron.JPG
今日のゴハン、いく子さんにハマグリをイッパイ貰いました。
大きなハマグリは酒蒸しにして、
小さなハマグリはペペロンチーノになりました。
posted by ちゆ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。