2011年04月14日

手書きの楽譜

torinkiew.jpg

仕事がヒマになったら、あんまならなさそうだけど、
ピアノの練習しようとしている。

うちにはキーボードがあるので、それを乗せるキーボード台を、今アマゾンで物色中。


これは、小学生の頃使った楽譜。
ピアノの発表会のために
先生が手書きで起こしてくれた楽譜。

曲は、
ムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』の中の『バーバ・ヤーガ』と『キエフの大門』の一部。


『展覧会の絵』はオーケストラ用の組曲。
同組曲の『プロムナード』を、中村紘子(カレーマルシェのCMに出てたピアニスト)
が弾いてたのを聞いて、プロムナードと上2曲を発表会で弾きたいと
先生にアピールした。

しかし、オーケストラの曲なんでプロムナード以外の2曲は
ピアノソロの楽譜が無かった。
小学生なのでちょっとアホで、その辺がわかってなかった。

そしたらなんと、先生がオーケストラ用の譜面から音を拾って、
ピアノ用にアレンジしてくださったのだ。

小学生のチョッとした思いつきを、
ちゃんと実現させてくださった優しい先生。

譜面台に立つように
お歳暮でもらったお菓子の箱を解体して、
そのボール紙に糊で貼り付けて補強された楽譜。
ウラには『りぼん』の付録シールとか貼ってあるし。

ぱっと見は、もうヨレヨレで変色もしてきているけれど、
ずっと大事にせねば。


『プロムナード』は、その後「誰でもピカソ」のオープニング曲として
『キエフの大門』は「珍百景」登場音として馴染み深くなっちゃった。
お笑いのイメージが付くのは、いいんだけど、ちょっとイヤー。
posted by ちゆ at 05:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

乙!

マンションの2つ隣の奥さんとすれ違ったとき、
「おつかれさまです!」って
言っちゃった。

何でだよ?って思っただろうな、シッパイ。


以前、「おつかれさまです」って言うと
「疲れてネーヨ」と返す人がいて、めんどくせー人だなと思っていたけど
心のこもってないおつかれさまですにムカついていたのかな、すいません。


-----
今日のお昼は、10歳も年下の男子と中華街へ。
この子とじゃ、どう見てもカップルには見られないんだろうなぁ、としみじみ。
女子高生とつきあいたいっす!とか言うとった。

夜はドリサンとゴハン。
知り合ってから15年以上たってるドリサン。
変わらないね、と言ってくれた。そうだよね、お互い変わらないよね、と思う。
思うんだ。
posted by ちゆ at 06:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。