2011年05月31日

クックパッド

renkonmochi-cheez5tsu.JPG

だいぶ前からクックパッドの株が塩漬け中であることを思い出し、
ケータイを見ながら料理してみた。


写真はれんこん餅。

すりおろし&刻んだ れんこんに、片栗粉を混ぜて焼くだけ。

味付けとして、チーズとおしょうゆを乗せた。


気分的には超おいしく感じた。

あんな根っこが、モッチリするんだもん、びっくりした。

-----

料理ついでに、ささみロールも作った。
大葉と、梅干と、こちらにもチーズを巻いて、にんにくじょうゆ味。

味は美味しかったけど、見た目がイマイチ。
sasamiroll8tsu.JPG


-----

仕事で料理モノをやった。

ただ知識で知ってるだけで、別に上手くないし、今は時々しかしない。

でも料理通っぽく振舞ってみちゃった。

そしたら、かなりやってる風に見られた。

みんなを、上手くだませた。

まあ、

職場で女らしさアピールしても、イケメンに相手されるわけでも何でも無いけど。
posted by ちゆ at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

芽が出たタマネギ

nobita-tamanegi.JPG

家であんまり料理しないでいたら、タマネギが成長してた。

育ててみようかなと一瞬思い、調べてみたら、
葉っぱ部分は、食べれないワケじゃないけど普通のネギにはならないし、
地下で新しいタマネギも出来ないみたい。
花はぜんぜんキレイじゃないし、
種ができても美味しいタマネギの種は出来ないらしい。

ジャガイモだったらよかったのに。


-----

渋谷区から、歯科検診のクーポン券が届いた。
一覧に載っている区内の実施歯科なら、タダで検査してくれるらしい。
候補が160軒ぐらい、うちの町内だけでも5軒、歯医者めっちゃいっぱいあるな。


1ヶ月前には、子宮頸がん・乳がん検診のクーポン券も届いてた。

フツウならすぐゴミ箱入れてたところだけど、
あの親子のおかげで、検診受けてみようかなという気になってる。

posted by ちゆ at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

免許更新

運転免許更新した。

講習まで待ち時間が1時間半も・・。

ヒマ過ぎだけど、本とかもなくて、
仕方が無いので、飲み物を2杯飲んだり、隣の人の電話を盗み聞きしたりして
過ごす。

しかしさらに余る。
このヒマは尋常じゃない。

更新料のレシートにピザの絵を描いてみたけれども
更に時間は余る。

どうしてこういう時だけ余るの。
余って欲しいタイミング、ちょうイッパイあるのに。

pizza-menkyo.jpg

posted by ちゆ at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

オオバコのお菓子

kisui1.JPG

kisui2.JPG

ちまきみたいなお菓子、
和久傳の「希水」というの、やっと食べれた。


とってもおいしかった!


半透明でとろんとしてながらも、歯ごたえのあるお菓子。

山奥に自生する笹と林檎を圧搾して水を取り出し、
そこに
オオバコの何がしかの成分を合わせて作っているらしい。

笹から水を取り出すとは、ご苦労なことです。


一方のオオバコって、お菓子が出来るとは想像できない、ガサツな雑草のイメージ。
小さい頃、2本で引っ張り合って、どっちが早く切れるかを勝負して遊んだ草。
あんなゲジゲジした草からデンプン的なものがとれるのか、謎。


ダイエット用のサイリウムヌードルというのがあって、
それもオオバコから作っていると確かフタに書いてあった。
そん時も疑問に思ったけど、
蒟蒻ヌードルや春雨ヌードルに比べてけっこう食べ応えがあって美味しかった。
これと一緒なのかな、だったらこのお菓子はあんまり太らないのかしら。


-----

チマキと言えば、
ちょっと前に中華のチマキを食べる機会があった。

竹の皮で包んだ三角錐のチマキを想像してたら、ヘンな葉っぱで包んだ
トトロからのプレゼントみたいなのが出てきた。

質問したら、中華チマキはこの葉っぱ⇒蓮の葉で包むのが本当の中華チマキだとか。


屈原って人気モノの政治家が、色々あって端午の節句に入水自殺。彼を偲んだ民衆が、
魚が彼の遺体を食べないよう、魚に食べされる用の米を、蓮の葉で包んで入れたのが起源ですって。

蓮の葉には殺菌作用があるから食べ物を包むのに適してるらしい。

端午の節句って、男の子の元気なお祝い!ってカンジだと思ってたら
中国の端午の節句は、けっこう暗い話が乗っかってた。
posted by ちゆ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

フリーライブラリー

chu-ka-tana1.jpg

食後、タバコを吸う後輩を待っててヒマだったので写真撮影。

裏路地の道ばた、灰皿のまん前に、ヘンな書棚が設置されてた。


こちらのだいぶアレな書棚 ↓

chu-ka-tana5.jpg

『共同研究 日本軍従軍慰安婦』
『下僕の精神構造』
『冷戦後の日米同盟 「成熟の歴史」終わりの始まり』

chu-ka-tana4.jpg

『神様の摂理から見た 南北統一』
『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』
『七田式右脳全開教育』
『増補改訂 漢方入門講座』
『漢方治療百話』

chu-ka-tana3.jpg

『文明明師の電撃的な北朝鮮訪問』
『窓際に立てば会社がよく見える』
『繁栄の書』


chu-ka-tana2.jpg


【本はこの場で自由にお読みください。】

ガチすぎな書籍ばかりなので、
この場の立ち読みはキツそう。



【今家庭の崩壊が問題になっている時代です。年代の違う
 家族の一人一人の話題の発展になればと願っています。】

この濃ゆすぎる内容、話題が発展しまくる予感。


まぁともかく、
家庭崩壊を危惧するあまり
こんな裏路地でわずかばかりの草の根運動を展開しようという心意気は
尊敬に値すると思います。
posted by ちゆ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。