2010年02月13日

サッカーと野球

ienotoilet.JPG

うちのトイレは、
サッカー場みたい手(チョキ)

ホントは、同じサッカー場柄の2m×1.5mほどのカーペットを買って、こちらのミニカーペットはオマケでもらったもの。

でも大きい方のカーペットは、ウチには合わなかったので、
セりにあげた。

セリのおうちにあると、しっくりきてた。


さっき、キャプテン翼芸人の回を見てて、
サッカーは世界中で普及してる球技だから、キャプつばも世界中で愛されたと言ってた。

野球はどうかと言ったら、アメリカ・日本・アジアのちょっとの国・中米のちょっとの国…ぐらいしかやらないらしい。

日本の球技って言ったら、やっぱりまだまだ野球ですよね。
サッカーは、日本代表は応援するけどJリーグで
今どこのチームが1位なのかとか、イマイチ知らないし。

だから、野球が世界的にマイナーなスポーツなんて微塵も気付かなかった。

日本人がクリケットのルールを知らないぐらい、イギリス人は野球のルールを知らないんでしょうかね?

そら、オリンピックの競技からも外れちゃいますね。



STORY BOX 6

あんまり本を読まない私ですが、
表紙が前面ミドリ色だったので、キレイだなと思って買った短編集。

そしたら、2〜3年前に読んだ、
「優雅で感傷的な日本野球」高橋源一郎 
を思い出して、また読みたくなって、本棚を探して、読んだ。

優雅で感傷的な日本野球 〔新装新版〕 (河出文庫)

こちらもジャケ買いしたのですが、
この小説はちょうおもしろくて、びっくりした。

これほど読む喜びに満ちた小説ってないんじゃないかと思うほど。
読み終わるのが勿体無くて、読むペースが落ちる。
目からウロコも落ちる。

こんなことってあるの!こんなやりかたって…
“考える”行為がニガテな私すら、さまざまなことを考えざるをえなくなる、やり口。

こんなおもしろい本、これ以上人に読まれたくないかも…


posted by ちゆ at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。