2004年08月27日

火車

「みなさんに悲しいお知らせがあります。
今日、下着屋で計測してもらったら、ついに●カップになっていしまいました!これからみなさんと貧乳トークできないのを遺憾に思います。」

みたいな、メールが数日前届いた。貧乳だった知人の一人が、知らない内に2カップも成長したらしい。
しかも、上のメール、ひんにゅうそうな奴を厳選して一括送信してやがる!
ちきしょー、オイラのケータイにもシッカリ届いてるぜ。

ということで、今日のご飯にはなんとなく鶏肉を選んだり、豆を食べてみたり。送信主は23歳で成長したことになるので、まだ希望を捨てないでおこうと思った。

イヤでも、矯正下着してみたいなー。何十万もするらしー、
オー、そんなことしたら家計が火の車だーー

と無理矢理つなげたところで、

宮部みゆき「火車」を読んだ。
初宮部。ミステリーものって長そうだから避けてたけどおもろいねーどんどん読める。今日は電車の移動時間が長かったけど、これを読んでたおかげですぐ駅に着いた。これからは時々ミステリーも読んでみようかにゃー。

インテリちっくな人は“ミステリ”って短く言うよね。そのほうがかっこいいから次回からはそうやって書きます。今日はまだ初心者なので照れがあります。


posted by ちゆ at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。