2011年05月04日

オオバコのお菓子

kisui1.JPG

kisui2.JPG

ちまきみたいなお菓子、
和久傳の「希水」というの、やっと食べれた。


とってもおいしかった!


半透明でとろんとしてながらも、歯ごたえのあるお菓子。

山奥に自生する笹と林檎を圧搾して水を取り出し、
そこに
オオバコの何がしかの成分を合わせて作っているらしい。

笹から水を取り出すとは、ご苦労なことです。


一方のオオバコって、お菓子が出来るとは想像できない、ガサツな雑草のイメージ。
小さい頃、2本で引っ張り合って、どっちが早く切れるかを勝負して遊んだ草。
あんなゲジゲジした草からデンプン的なものがとれるのか、謎。


ダイエット用のサイリウムヌードルというのがあって、
それもオオバコから作っていると確かフタに書いてあった。
そん時も疑問に思ったけど、
蒟蒻ヌードルや春雨ヌードルに比べてけっこう食べ応えがあって美味しかった。
これと一緒なのかな、だったらこのお菓子はあんまり太らないのかしら。


-----

チマキと言えば、
ちょっと前に中華のチマキを食べる機会があった。

竹の皮で包んだ三角錐のチマキを想像してたら、ヘンな葉っぱで包んだ
トトロからのプレゼントみたいなのが出てきた。

質問したら、中華チマキはこの葉っぱ⇒蓮の葉で包むのが本当の中華チマキだとか。


屈原って人気モノの政治家が、色々あって端午の節句に入水自殺。彼を偲んだ民衆が、
魚が彼の遺体を食べないよう、魚に食べされる用の米を、蓮の葉で包んで入れたのが起源ですって。

蓮の葉には殺菌作用があるから食べ物を包むのに適してるらしい。

端午の節句って、男の子の元気なお祝い!ってカンジだと思ってたら
中国の端午の節句は、けっこう暗い話が乗っかってた。
posted by ちゆ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

フリーライブラリー

chu-ka-tana1.jpg

食後、タバコを吸う後輩を待っててヒマだったので写真撮影。

裏路地の道ばた、灰皿のまん前に、ヘンな書棚が設置されてた。


こちらのだいぶアレな書棚 ↓

chu-ka-tana5.jpg

『共同研究 日本軍従軍慰安婦』
『下僕の精神構造』
『冷戦後の日米同盟 「成熟の歴史」終わりの始まり』

chu-ka-tana4.jpg

『神様の摂理から見た 南北統一』
『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』
『七田式右脳全開教育』
『増補改訂 漢方入門講座』
『漢方治療百話』

chu-ka-tana3.jpg

『文明明師の電撃的な北朝鮮訪問』
『窓際に立てば会社がよく見える』
『繁栄の書』


chu-ka-tana2.jpg


【本はこの場で自由にお読みください。】

ガチすぎな書籍ばかりなので、
この場の立ち読みはキツそう。



【今家庭の崩壊が問題になっている時代です。年代の違う
 家族の一人一人の話題の発展になればと願っています。】

この濃ゆすぎる内容、話題が発展しまくる予感。


まぁともかく、
家庭崩壊を危惧するあまり
こんな裏路地でわずかばかりの草の根運動を展開しようという心意気は
尊敬に値すると思います。
posted by ちゆ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

手書きの楽譜

torinkiew.jpg

仕事がヒマになったら、あんまならなさそうだけど、
ピアノの練習しようとしている。

うちにはキーボードがあるので、それを乗せるキーボード台を、今アマゾンで物色中。


これは、小学生の頃使った楽譜。
ピアノの発表会のために
先生が手書きで起こしてくれた楽譜。

曲は、
ムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』の中の『バーバ・ヤーガ』と『キエフの大門』の一部。


『展覧会の絵』はオーケストラ用の組曲。
同組曲の『プロムナード』を、中村紘子(カレーマルシェのCMに出てたピアニスト)
が弾いてたのを聞いて、プロムナードと上2曲を発表会で弾きたいと
先生にアピールした。

しかし、オーケストラの曲なんでプロムナード以外の2曲は
ピアノソロの楽譜が無かった。
小学生なのでちょっとアホで、その辺がわかってなかった。

そしたらなんと、先生がオーケストラ用の譜面から音を拾って、
ピアノ用にアレンジしてくださったのだ。

小学生のチョッとした思いつきを、
ちゃんと実現させてくださった優しい先生。

譜面台に立つように
お歳暮でもらったお菓子の箱を解体して、
そのボール紙に糊で貼り付けて補強された楽譜。
ウラには『りぼん』の付録シールとか貼ってあるし。

ぱっと見は、もうヨレヨレで変色もしてきているけれど、
ずっと大事にせねば。


『プロムナード』は、その後「誰でもピカソ」のオープニング曲として
『キエフの大門』は「珍百景」登場音として馴染み深くなっちゃった。
お笑いのイメージが付くのは、いいんだけど、ちょっとイヤー。
posted by ちゆ at 05:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

乙!

マンションの2つ隣の奥さんとすれ違ったとき、
「おつかれさまです!」って
言っちゃった。

何でだよ?って思っただろうな、シッパイ。


以前、「おつかれさまです」って言うと
「疲れてネーヨ」と返す人がいて、めんどくせー人だなと思っていたけど
心のこもってないおつかれさまですにムカついていたのかな、すいません。


-----
今日のお昼は、10歳も年下の男子と中華街へ。
この子とじゃ、どう見てもカップルには見られないんだろうなぁ、としみじみ。
女子高生とつきあいたいっす!とか言うとった。

夜はドリサンとゴハン。
知り合ってから15年以上たってるドリサン。
変わらないね、と言ってくれた。そうだよね、お互い変わらないよね、と思う。
思うんだ。
posted by ちゆ at 06:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

テレビ制作川柳


尺がでた
尺がでた
ああ 尺がでた


若者が
でぃーつー?
でじべ?
えっくすえす?


アビット派?
うっすら感じる
ジェネレーション


音声の
アシスタントは
可愛めだ


ドラマ班
全女子AP
いとをかし


俳優座
何故みな足袋を
履いてるの?


ベストフォー
オーベル まい泉
津多屋 喜山


新企画
会議じゃ
成立してたけど…


デジタイズ
28時に
あがります…


オフライン
突然データが
飛びました


演出に
チェックされたら
全直し…


edl
九十カットだ
スグ終わる!


・・・終わるかな?
オペレーターが
新人だ


追撮を
頼めば
水平とれてない


16:9 (じゅうろくきゅう)
テロップ何文字
見やすいか


道端V
モザイク入れで
六時間


午前5時
目覚めりゃ
コメント入ってた


ナレーション
しまった「そこで!」が
多すぎる


ナレーター
大物来ると
やりにくし


先輩の
局アナ来ても
やりにくし


すいません‥
本編でカットに
なりました


企画書が
通らなさすぎ
じっと手を見る


(99%の方に意味不明ですんません・・・)

posted by ちゆ at 03:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

関西なら 茶しばかへん? てやつ

真っ昼間
おっさんに声かけられた
「あのー、お茶しません?」

こんな時に こんな時でなくても、知らんオッサンとはお茶しません!
心で叫びながら無言で首を横に

「えー、ダメ?なんかすっぽかされちゃって…」

こんな昼間にすっぽかされるような待ち合わせって、
出会い系のサクラにモロひっかかってるだけですよね


しょうもないオッサンのターゲットになってしまう
自分のランクの低さにはガッカリ

ふつう、美人はナンパなんてされないんです
ワタシみたいにチョットくたびれた感じというか、
中の下みたいな奴って
ハードル10センチぐらいだと思われとるんだろう、しょんぼり



しかしあれですよね、
若い人のナンパって、
これから飲みに行こうよとか、カラオケ行こうよばかり

そんな中、【お茶しようよ】って誘い方には世代間ギャップを感じます
これって実は、ヤング世代からすると好感度高いのでは
お茶からのスタートは、えろ にもってくまでの時間・段取りがかかりそうだから
ややジェントルマン




----
りのさんがまた被災地へ行きましたので、我が家はガランとしてます
posted by ちゆ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

妹の結婚式

kekkonshikiimouto.JPG

日曜日、
妹が結婚しました〜!
とってもキレイでした。


お調子モノの妹。
最初はクレイジーケンバンドの曲を歌いながら披露宴に入場するプランを立ててたら
ダンナにイヤがられたためフツウに入場。

お酒が大好きなコなので、
「大きい飲み会みたいな会にしたいので 大いに飲んで騒いでください」
と(ダンナのマイクを奪って)挨拶してました。

料理メニューも妹の自作。裏面には【二人の満漢全席】ってことで
2人で考え抜いた2人とも大好きなメニューが あいうえお順で全部書かれていました。
そういう小さい手作りに溢れていたところが、ホッコリしてよかったです。


亡くなった父も結婚式に出たかっただろうということで、彼の席も用意。

そこに飾る写真はワタシが作成。
葬式で使った遺影を切り抜いて、目立つように後光を背負っていただきました。
日章旗みたいになっちゃったけど。
天使みたいな羽根も付けました。

papawinds.JPG

会場の方が、パパの席にも乾杯のシャンパンを自然と注いでくださっていたのが嬉しかったです。


二次会は行っていないけど、クレオパトラとアラブの王様みたいなコスチュームでやったんだって。
シャンパンタワーをやったり、踊りまくったり、
彼女らしく、にぎやかにできてよかったです。


ワタシはいつも、自分は披露宴とかしたくないって言ってたんだけど、
思い切ってゴンドラで登場とか菓子まきとかやってみるのもいいかもねと思ったりわーい(嬉しい顔)
でら派手で名古屋風なやつを、
引くぐらいるんるん
posted by ちゆ at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

カストラート


kabutabeta.JPG


夜ごはんに、生のカブを
柚子味噌とねぎ味噌で
5個食べようと思ったけど3個でリタイア。

-----



ジェラール・コルビオ監督「カストラート」 DVDで見た。


“カストラート”とは、変声期前の去勢により、高い美声を保ち続けた歌手のこと。
ボーイソプラノの高い音域と大人の肺活量を併せ持ち、少年や女性では出せない声が出せるそう。
14世紀から19世紀半ば、ローマ教皇に禁止されるまでいたらしい。

手術方法は、少年を阿片で昏睡させたところをミルク風呂に浸け(生殖器をやわらかくしているそう)
精索と睾丸を取り出す、的な感じ。
ミルク風呂が血で染まる。

セックスは可能だが生殖機能は無いので、高い階級のご婦人から寵愛されることが多かったらしい。
しかし自身は、子どもを授かり家庭を持つというような人生をあきらめねばならない。


この映画は、カストラートというさだめを受け入れながらも 苦しみ続けた
ファリネッリという実在した歌手を描いている。



この前見た「アンチクライスト」に使われていたヘンデルのアリアがこの映画でも出てくる。
ヘンデルの前でファリネッリが歌いあげるという、わりと重要なシーン、聴かせどころ。

アンチクライストは、いろいろと衝撃的すぎる映画だったため
風とか葉ずれとか木の実などのたてる、あらゆる音にもこうふんしてて
流される音楽も意識しすぎてしまった。
そいで、曲とイメージのリンクを薄めたいかも、と思い同曲が使われる別の作品を見た。

その後、オペラ歌手が歌うアリアをいろいろ聴いたり、コンサート映像を見た。
やっぱ、やっぱ、ひとつの曲でもいろいろですね。
posted by ちゆ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シマウマ

shimaumatokei.JPG

シマウマ の説明(ウィキペディア)↓


年をとると気性が荒くなり、人間になつく事はほとんど無いと言われている。
なぜ年を取ると気性が荒くなるのかは判明していない。

人間に服従しない性質に加え、背中の構造が重みに弱く、荷物運搬・農耕・騎乗には適さない。
シマウマの家畜化に成功した例は知られていない。



人間に服従してばかりのウマとかロバとか。

その仲間のくせに、
シマウマだけは人間に服従しない って かっこいい。

あいつ、我々にとってはオシャレ としか言いようがない。
他に役立つ機能ない、っていいな。

自分も、ほんとは そういう風に生きたかった。


-----
でぶりすぎたので、なるべく今日からダイエットです。
今日はモズク酢を3杯食べました。
posted by ちゆ at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

アンチ クライスト

ラース・フォン・トリアーの「アンチ クライスト」観た。

ヘンデルのオペラ「リナルド」(キリスト教徒 VS 回教徒の戦い キリスト教勝利)の
アリア「Lascia ch'io pianga(涙の流れるままに)」が流れる箇所がある。

ちょう有名な曲で、すてきな曲と思っていたけれど
ワタシの中では、もはやこの映画の印象に染まってしまった。
今後何度聞いても、あれらのシーンを思い出してしまいそう。


歌詞調べた↓

Lascia ch'io pianga Mia cruda sorte,e che sospiri La liberta.
Il duolo infranga Queste ritorte De' miei martiri Sol per pieta.

私を泣くがままにさせてください
残酷な運命のために
自由を慕うがままにさせてください 
悲しみが私の苦悩の鎖を打ち砕くように
お願いします



映画の力が強すぎて、曲の印象が1つになってしまうことってあります。
マーラーの交響曲「第5番第4楽章アダージェット」を聞くと、
絶対にヴィスコンティの「ベニスに死す」が思い浮かぶし、
バッハの「ゴールドベルグ変奏曲」なんて、色んな人の演奏で
自分の一生のうちで一番たくさん聞いた曲と思うけれど、
それでもアニメの「時をかける少女」を1/3の割合で思い出してしまいます。
posted by ちゆ at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

ハマグリ


googleのトップページ見て、ひなまつりであることに気付く。
コーヒーを汲みに来た後輩男子3人に
今日ひな祭りだからなんか頂戴 と言ってみた。
(私はコーヒーメーカーの近くの席)

1人は、今忙しいからホワイトデーになんかあげます、って
1人は、あなたのひな祭りは年齢的に終わったんですよ、って
1人は、いい歳してその小脇に抱えた人形なんですか、って。
これは白熊だよって。見りゃわかりますよって。

しまった、白熊のぬいぐるみ抱えてた。てかいつも抱えて仕事してる。
別に自分をカワイく見せようという演出でぬいぐるみ抱いてるわけじゃなくて
単にフワッとして気持ちいいから抱いてる。
このフワッとを取り上げられるのはいやだな。
でもイタく見られるのもヤダからどうしたものか。


数時間後、師匠的上司が声をかけてった。
久しぶりに会うので元気〜調子どう〜最近なにやってんの〜って。
上司は最近映画を撮ったのだが、そこに出演した某女性歌手と私が同い年だったらしい。
キミはあのコと同じ歳とは思えない、ぜんぜん別の生命体みたいだね、って言ってた。
さらに、そんな感じだとぜんぜん結婚できないでしょ、と言ってた。

なんか今日はそんなカンジの日。


hamaguriosuimono.JPG

ハマグリのお吸い物を作って、1人で食べた。
1人だとハマグリ余る。


蛤は、他の貝とは絶対に合わさらないことから、女性の貞節を表すとか。ひな祭りに蛤を食べるのは、幸せな結婚生活を願うということからきた縁起物だそうです。(all aboutの記事より へー。)
posted by ちゆ at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

尻痛

なんか尻痛ふらふら

朝プールで1キロ平泳ぎしただけで、
お尻が筋肉痛。

水を蹴る動作に使う部位の筋肉、
陸で歩いてる分には必要なかったことが発覚。

泳げなくていいからこの分削って小尻にしたいかも

だって 妹の結婚式用にドレスをゲットしたけど、
お尻のとこがキツくて、はめるのに一苦労。
着るだけで所要時間2分超え。

尻と言えば関係無いけど、私
処女作「桃尻娘」書いた橋本治と年齢同い年だ。

同年齢で活躍してる人がいっぱいいるのに、じぶんはウダツのあがらん会社員だと思うと
デザイナーでパリコレとか思ってた小学生の私に申し訳ないなぁ。


今日、会社イントラのコンテンツ“社長ブログ”読んでたら、
上司に「社畜か!」って言われました。
別にいいじゃん、社長が毎日何してんのか気になるよ。

posted by ちゆ at 04:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

いちごつみ


ichigochocolateichigotsumi.JPG

『いちごつみ』という懐かしのチョコ。
久しぶりに見たから買った。

味はたいしておいしくないけど、雰囲気がおいしすぎるので、トータルでだいぶおいしい。


小さい頃、石川橋の市場のお菓子売り場で、よく買ってもらって食べてました。
カワイイから大好きでした。


これ、スーパーで買うと約60円もするの。

高い!!駄菓子って、実はムダにぜいたく仕様のやつもある。

3本入りだから1本20円。

高級アイス(多分)のピノが6コ入り120円だから、1コあたり同じ値段だ。



ちなみに、ピノ1コの量は、10cc。
『いちごつみ』は3本で10ccぐらいです。ピノよりぐっと高い。



ともかく、10ccと聞いてスグ思い出したのは
『10cc』ってイギリスのバンド。

射精1回分の精子量が約10cc、それがバンド名の由来らしい。
中学生の頃聞いてたラジオで小林克也が言ってた。

女子中学生だからフーンと思ってたぐらいだけど、大きくなってから
ホントに10ccもあるの?ガイジンはそうなの?
と思い返したことがある。(料理中に小さじ(=5cc)持ちながら)

今しらべたら、4人分が10ccってことらしい。克也、きちんと分量言えよ!

やっと合点がいった。
それなら国際的にも共通でしょう。

posted by ちゆ at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国茶

chu-gokuchachaba.JPG


誰かにもらった、たぶん前の上司にもらった
中国茶が家にあったので、飲んでみた。

フツウのウーロン茶だろうと思い、
銀の袋を開いたら、
パチンコ玉より小さい、丸い玉が何発も入ってた。

これは、どうやって作るのだろ?

手で丸めてるのかしら?

だとしたら、だいぶ手アカがすりこまれてたりするのかな?

製造はオートメーションであることを祈りつつも、
まぁ、そんなこと気にしててもはじまらないので
カップに湯を注ぐ。


水中で、丸が花みたいに開いた。

chu-gokuchacup.JPG
posted by ちゆ at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

お雛様

o0640048011062383323.jpg

実家ではママが今年もお雛様を飾ってくれたそうで、
こちらがママブログに載ってた写真、転載です。

私が産まれてから、毎年飾ってくれています。

今はひな壇を処分したので、床に飾るスタイルです。


てか、ママが私の歳には、
もうこのお雛様を飾ってたのでは・・

まじでー、ママ大人ー、てか私も大人ー。


てか私この歳で、

今日、ウンコ踏んだけど。

新しめの靴だったけど。

大人なのに、だいぶ足元見えてない(色んな意味で??)。

やわらかい感触は、足裏がキャッチしたけど
踏んだっていうより、表面こすったってカンジだから
だいぶセーフだと思ってる。

そしてその後
すぐに雨が降ったから、洗えたも同然だと思い込んで
平然と毅然とはき続けることが出来ました。


犬を飼ったらウンチは処分してほしいです、お願いいたします。
posted by ちゆ at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。