2011年02月14日

これからは太い眉毛

化粧水を買ったら、売り場のオバサンが強引にワタシを椅子に座らせて
ちょっと眉毛描かせてくれる?
って、もう座らせとる、質問後出しだな
プチつっこみしたかったけどまぁ待ち時間でヒマだったので
なされるままに。

無神経な人、おせっかいな人、心から親切な人のうち誰かが、
1年に1回ぐらい眉毛についてダメ出ししてくれるので
きっとイケてないんだろうことは知ってたけど。

オバサンは、その眉毛描きを提案しながらも、
実際の作業は若い部下に任せる。
部下、やり方を細かく解説しながら、シュッシュと描く。

まあまあなカンジに完成したかなと思って、席を立とうとしたら
オバサンがアータこれじゃダメよ〜とやり直しに。

アータちゃんと見ときなさい、って、ワタシ完全に部下の練習台だった。

そいで、オバサンの手入れが入ったら
眉毛が1センチ以上の太さ&顔をはみ出さんばかりの長さになってた。
これからは太いのが流行るのよ! だって。

マスカラもアイシャドウもしてなかった私にバッチリメイクほどこしてくれたけど
今っぽさは無かった。はたしてコレは未来っぽさなのか?



最近のごちそう せとか っていうミカン。
ケーキぐらいの値段の高さなんだけど、こっちの方が体にいいかもと思って。
setoka2ko.JPG
posted by ちゆ at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

Wiiカラオケ

うちのWiiが、ぜんぜん活用できてない現状を打破すべく
外出たついでにゲームソフト売り場へ。

といいながらゲームは苦手目なので、ワタシでも使えそうなものを物色
カラオケ(マイク付き)をゲット。

micwiikara.JPG

ネットにつなげば6万5千曲以上選べるらしい。
ソフトには70曲ぐらい入ってる。

夜中だったけど、早速歌う。
ちょうしづいた歌声ダダ漏れだったかもしれないけど
片方の隣は住んでないし
もう片方は禁止されてる犬(だいぶ鳴く)を飼ってるのでお互い様ということにして。


5曲目、杏里さんの『オリビアを聞きながら』を歌う。
一人ぼっちだし、わりと情感込める。

そこへ同居人が思いのほか早く帰宅。
引かれる。


しかし、落ちぶれても元音楽班・・・なのに歌える曲すくない。
7曲目ぐらいになってくると、globeの『DEPARTURES』にいかざるをえない。

もうこれカラオケglobeあるあるなんでしょうが、マークパンサーのパートいらねぇ。
女の声で上半身揺らしながらマークのパートをこなすのも聞きなれないカンジになっちゃうし
突発的事故に対し速やかに対応できる男子(韻もほぼ踏んでない文章をスラスラノリノリでそらんじる)がいることは、まれ。

結局こうやって歌える歌の少なさにイラだたせて
ネットにつながせて課金するやり口なんだ。
そりゃそうするよね。参考になります。
posted by ちゆ at 05:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

岩のリ、おいしい

日がな一日、社外でサボった風だったり、真面目に作業したりして
久しぶりにデスクに戻ると
ボトルガムが3つ置かれていたり、
カップラーメンが置かれていたり、
レトルトカレーが置かれていたり、
なんやかんや、誰かが食べ物を置いてってくれることが多い。

ごんぎつねみたいで、ちょっとうれしい。


「ごん、お前だったのか、いつも栗をくれたのは。」

火縄銃でごんを打った後のヒョウジュウのセリフ。

小学校でめっちゃ何回も読んだから覚えてるけど、
ごんは栗だけじゃなくてウナギとかもっと色々持ってきてたのに
なんで栗だけピックアップするんだろ、くだらないけど、小学生なりにずっと不満だった。
ウナギのがすごいじゃん!て。栗とかウナギとかってちゃんと言ってよ!って。

ごんが死ぬことと同じぐらい、食べ物のことを重要視してるあたり、
今の食い意地に繋がってるのかもです。

tonkotsura-mennoriiri.JPG
お土産のとんこつラーメン、何にでも岩のリを入れるのが
自分的に流行ってます。
posted by ちゆ at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だんしゃり

“断捨離”とかっていう言葉を耳にするようになってかれこれ1年くらいでしょうか。
だんしゃり、だんしゃりって、すし屋みたいで美味しそう。
最近炊飯ジャーも居酒屋も、白いゴハンのこと銀シャリ銀シャリってしつこいぐらい言うようになってきてて
『しゃり』って語感がいい具合なのかも。

しゃりしゃりっていう擬音は、
荒い雪とかシャーベットの音。嫌いじゃない、
口の中に砂が入った時も使うけど。

で、だんしゃり ですが、

わたくし本当は、いるモノといらないモノと、
たくさんのモノに囲まれながら
クチャクチャの空間でだらしなく過ごしたいけれど
そろそろ大人としてそういうワガママも言ってられないので
とりあえず着ない服を半分ぐらい捨ててみた。
この調子だと、もっと身軽になれそう。
posted by ちゆ at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

冷たい熱帯魚

mangopuddingminisize.JPG

蒟蒻畑的なミニカップのマンゴープリン
おいしかった

体脂肪率が30%って出たけど、機械故障かな・・

-----

園子温監督『冷たい熱帯魚』観に行った。
『愛のむきだし』もすごいけど、こちらもすごい。
お時間ある方は、観に行った方がいいのでは。

富士山そびえる最も美しい県のうちの一つ静岡県
ワタシ、静岡県にある全寮制の中学校に入る予定がちょっとあって
受験して合格して、ここで清く正しく生活するのかーなんて思ってたこともあった静岡県。
(結局地元の中学行ったけど)
清清しい場所だとばかり思っていたけど、この映画のせいで・・


posted by ちゆ at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

その街のこども


さっきチンするゴハンとチンするカレーを、
会社の給湯室のレンジで作って
陶器の食器に乗せかえて食べてたら、バカにされた。

昨日の夜中は、いろんな種類のカップラーメンをちょっとずつ、合計いっぱい食べた。
胃から食道にかけてがムッとした。

-----

昼間、『その街のこども』
恵比寿の写真美術館でやってるやつ、
オススメされたので観にいった、よかったです。

阪神大震災、名古屋にいた私は中学1年生、
その時は揺れで目覚めたけど、またすぐ寝た。

それきっかけで神戸から転入生が1人来た。
転入早々、体育のマットでスゴイ技を見せてくれたけど、骨折してた。

名古屋の子どもとしては、覚えてるのはそのぐらい。あとはニュースで見たことだけ。

いろんなとこで話題になってる
テレビディレクター岡宗秀吾さんの話
 
posted by ちゆ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

おっとっと

ottotto1.JPGottotto2.JPG

あんなに好きだった『おっとっと』を
20年以上食べるの忘れてた。

おっとっとファン現役の頃は
ひとで は ひとで じゃなくて 星 として扱っていて、
特別な形だから
残しておいて、最後にまとめて食べていた。

てか、おっとっとが好きといいながらも、海の幸には興味なし。
キキララっ子として、埋もれた星を探す行為にむちゅうだったのです。
だって星型は世界中で一番すてきな形。
ララが背中にしょってるし、キキのステッキにも付いてるから。

キキとララが恋人同士なのか、きょうだいなのか、実は両方とも女なのか
そのヘンの事情は未だ知らないですけれど、カワイイから物語なんて関係ない。
posted by ちゆ at 05:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

トイレットペーパー立て


うちのトイレには小さい棚が元から付いてるけど、
トイレットペーパーを入れとくスペースが無い、だって

生理用品で埋まってしまっているから。
具合によって各種使い分けてると、かさばる。

少しは入るけれど
ペーパー切れのタイミングで
男性客に棚を開けられることがあっては恥ずかしい。


だから今まで床に直置きしてたのだが、
今日、立てとくやつをゲット。


toilet-stand1.JPG


一気に文化的なトイレになった。


しかしゲットしてみて分かったけど、このスタンドぜんぜん必要無い。
そもそも3つしか立てられないので、床に積んどくのと機能としてはほぼ変わらない。
1センチ浮いてるぐらい。

世の中、必要とか便利の発明が文化だったりすることの方が多いけど、
この必要のなさも文化だなあと
ムリヤリいい方向に思い込もうとしてる途中。
posted by ちゆ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

今日のらくがき

senronoinutopierosan.jpg

線路上のピエロふうな何か、待ち時間の落書きA


-----

1ドル82円 くらい、何かせねばと思うも買うもの無し、
今回はドル建てでの生命保険加入してみた。
利回りがだいぶ良い。

しかし、もし死んだ時の保険金受取人はお母さん。
配偶者も子どももいないので。
なんだかかっこわるい感じするけど、まだ20代だからしょうがないと思うことにする。
posted by ちゆ at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

たこ

takotegakitopanjii.jpg

たこ きもちわるいけど
おいしい。
あんな身体だけど、ダシ効いてる。
人間でも茹でたらダシでるのかしら、オッサンとかでも。


-----
今日は、仕事先でルクエスチームケースをもらったexclamation
はやくレンジでお料理したい。
posted by ちゆ at 05:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

ル・レクチェ

lafrance1.JPG

『ル・レクチェ』 って名前の洋梨。

12月アタマぐらい、何なら11月終わりぐらいから
我が家の冷蔵庫に入ってた気さえする忘れられた果物。
はっくつ後 点検、
意外にピンピンしてたので食べてみた。
そしたら、

桃級!
ほんと、おいしい桃クラス。まぁ 桃’(ダッシュ)ぐらいか。
りんごとか柿とか、フツウな梨とかは、軽く超えてる。


しかしポテンシャルはあるのに、洋梨ってあんま売れてない気が。
高いのか?そうでもないと思うけど。需要と供給のバランス次第で値段は今後どうにかなるでしょ。

原因は名前なのでは。

ル・レクチェって何、意味わからん。
そもそも
ラ・フランスって何、意味わからん。

ルとかラの意味わからん。
フランス語の冠詞だろう、って予想はつくけど、
99%の日本人は、ルもラも使い方わからないはず。
theの用法はギリ知ってるけど。
もしかして、『ザ・フランス』ってこと??
お高く留ってると思ってたら そんなダセーの?
こんなことなら
フランス語で梨って『ポワール』って言うと思うんだけど、それでよかったのでは・・・

てか『ラ・フランス』とか言ってないで、
日本人の心に響くような名前にしたらよかったのに。
なんなら初心にかえって『洋梨』って強く言い続けて欲しいよ。
『ル・ラクチェ』もぜんぜん覚えれない。
『佐藤錦』とか『次郎柿』とか『あまおとめ』とか『幸水』とか、やっぱ、おいしそうに感じます。

posted by ちゆ at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

干菓子きれい

higashi12.jpg

綺麗な干菓子を食べながら、ゆるく仕事しながら紅白鑑賞。
ママがソバゆで中。
年越しに家にいられるのはラクチンだな。

今年のゆく年来る年・知恩院の鐘の音はずいぶん低いし、
1発鳴らすまでに、ずいぶん焦らしてくる。

posted by ちゆ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

柳橋中央市場


貝の、人間に対する愛に感謝〜

貝おいしい!まず身がやたらおいしい。
そして身を差し出してくれた上、食べやすいよう貝殻のお皿も付けてくれてる。
貝殻はダシを逃さず焼くことができ、調理器具としての機能も付加。

牡蠣とかムール貝はやる気出せてないけど、ホタテ貝は造形美もバツグン。
人魚姫のブラジャーにもなるし。
衣食で使える2ウェイ具合に関心。
わたしもホタテ貝みたいに人の役にたちたいなあ。


朝、早起きして名古屋の柳橋中央市場へ年末&お正月用の買い物に行った。
おせち料理用の卵焼きとか、お魚とか。
人がギュウギュウにいて、楽しかった〜。

maguroyayanagi.jpg
マグロを買おうとする妹(ノーメーク)

ankoyanagi.jpg
アンコウ こんなの家でさばけるようになりたい!

mizutakoyanagi.jpg
液体みたい、重力にあらがわないダラけたタコ

kurumaebiyanagi.jpg 
このエビ買った プレミアムロールケーキ1個と同じ値段

wasabikiyotan.jpg
ワサビを買う妹

wasabimono.jpg
ワサビって高いんだ・・・
posted by ちゆ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

緑の物

greendesk1.jpg

会社のデスクに設置してるテレビの前あたりに
グリーンの小道具をあつめてるところ。

緑を見ると目が悪くならないっておばあちゃんが言ってたけど
あれは森とかのことだわね、
手元の緑色見たとこで、いやされないのはわかってるけど。



あんまり横向きに寝ないで、椅子に座ってばかりで数日間すごしてたら
せいりが早く終わった気が。
ペットボトルの口を下向きにするか横向きにするかで、こぼれる量は変わるけど
そういうのとは違うかな。重力とかも関係無いですよね。
posted by ちゆ at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

赤い靴

ステキな赤い靴をおばあさんに買ってもらったカーレン。

「この赤い靴をはいて教会へ行きたいわ」
そんな彼女をおばあさんがたしなめます。
「教会では黒い靴をはくものです。」

しかしおばあさんが病気で寝込むようになると、彼女は赤い靴で教会へ行くようになりました。
 
教会ではみんなが彼女の靴を見ました。彼女はそれをとても嬉しく思いました。
「みんなアタシの靴を見てる!」

人々は、赤い靴のカーレンを軽蔑していたのです。


ある日カーレンは、ダンスパーティーに招かれました。
おばあさんが死の床についているというのに、看病もしないで、カーレンはその靴を履いてパーティーへ出かけようと歩き出しました。
するとその途端、足がひとりでに動き出してダンスを始めたのです。

「とまらないわ!」

そしてそれから、カーレンは昼も夜も、晴れた日も雨の日も、森や野原を踊り続けました。

何日過ぎたでしょうか。

疲弊しながら踊り続け、自分の家のそばへたどりついた時、
カーレンは、お婆さんのお葬式に出会いました。

「ああお婆さん、ごめんなさい。神さま、どうかこの愚かな私をお許し下さい・・・」

そしてカーレンは首斬り役人に依頼して両足首を切断してもらいました。

すると切り離された両足と赤い靴はカーレンを置いて、
踊りながら遠くへ去っていきました。



オシャレは悪だゼ!
ってわけじゃないけどさ、
自己顕示欲も多少はあった方がいいとおもうが
めんどくさいね。
最近ヘンな人によく会ったので。


今日、靴の棚を見たら、赤い靴が5足もあった。こんなにいらんな。

ふだんは3足、黒のリボン靴2足・茶のブーツをローテーションしてるだけ。


-----
昨日はウリとそのかれしに会った。
やっと会えてよかった。
しゃべりすぎて印象がわるかったかも。

-----
white-kinoko1.JPG

白いキノコに挑戦。
よくスーパーで見るけど、食べたことなかった。
ホクト、のキノコ。
posted by ちゆ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。